2008年05月24日

VOODOO KISS

雨です。
明日も降るらしい。
よって明日のツーリングは中止。
今日これだけ雨が降ってるんやから明日は晴れてほしかったなぁ。
今、オレは色々あってメッチャ走りたいんやぁ〜〜〜〜〜!
でも雨ではねぇ・・・・・・。
まあこの土日は休養重視せよ! ということなのだろうか?

そんな雨の土曜日ですが
現在、急ピッチでGWネタを制作中です。
いやぁ〜意外にも結構な数の画像を撮ってたみたいでその整理だけでも結構大変だったりするのですよ。
で、そんな制作中のBGMは前日の記事にShannonさんがコメントを付けてくれたのでMR.BIGをチョイス♪
一般的に名盤と言われいるのはポールとビリーの弦楽器隊二人がマキタのドリルを使って演奏する「DADDY,BROTHER,LOVER,LITTLE BOY(The Electric Drill Song)」、ポールによるイントロのフレーズってどんな弾き方してるの? な「GREEN-TINTED SIXTIES MIND」、シングルのオマケ曲だがエリックのピアノ弾き語りヴァージョンもある「JUST TAKE MY HEART」、全米No.1ヒットになったアコースティックな「TO BE WITH YOU」といったシングルヒットが収録されている『LEAN INTO IT』です。
詳しくは現在改装中な「♪」のコーナーで再びアップする予定ですが
本日のタイトルに挙げた「VOODOO KISS」も収録されていますし、
その昔、ソロパート以外をコピーしていた「ROAD TO RUIN」はお気に入りナンバー。
日本盤のポールが書いたボーナストラックの「LOVE MAKES YOU STRONG」ではビリーのベースが大暴れしています。
彼等の凄いところはライヴでもサポートを入れずに4人だけで演ってるんですよ。
4人とも歌えるんでコーラスが分厚いのもウリですね♪

来週の土曜日は法事なんで乗る時間がないけど、
日曜日は天気が良かったら近場の山道でもいいから
“赤いコ”に乗りたいなぁ。
posted by Dai56 at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Dai♪さん、こんばんは!

さっそく、MR.BIGのお話、
ありがとございます!

ポール・ギルバートさんは、
マーティー・フリードマン同様、日本語もお上手で、
昨年、「ヘヴィメタさん」とかいう古い番組を他の方に紹介していただき、
You Tubeの映像で見たことがあります。
楽しそうな方ですよね。
お若い頃のロングヘアーの時と比べて、
またイメージが違ってて、びっくりでした。

ギタリスト好きなので、
また、ビリーさんのプレイともども聴いてみたいものです。
あ、ちなみに、B'zのサポートメンバーやってたころは、
ビリーさんのこと、まったく眼中になく、
稲葉さんばかり見てました!(爆)

 (;^^) ・・・
Posted by Shannon@Feel Fine at 2008年05月26日 20:23
shannonさん>

いらっしゃいませ〜♪
おぉ!? 都はるみ大ファンのマーティ兄貴のあの番組かぁ(^◇^)

そうそう、B'z絡みで言えば
松本さんのソロプロジェクトであるTMG(TAK MATSUMOTO GROUP)でヴォーカルをとっているのがエリック・マーチンだったりします。
ベースはNIGHT RANGERやDAMN YANKEES、Shaw Blades等で御馴染みのジャック・ブレイズだったりするのですが御存知ですかな?

あ、そうそう・・・・・・。
スティーブ二人(ハウ&ハケット)によるGTRは聴いてみました?
『ASTRA』の翌年なんですが、
当時、二輪四輪、オンロード、オフロード問わずモータースポーツにハマリはじめていた中学生な拙者(←歳がバレルよなww)はそんな系統のFMラジオの番組の中で流れいた「WHEN THE HEART RULES THE MIND」を聴いて一発KOでした(笑)
Posted by Dai♪【管理人】 at 2008年05月27日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック