2019年08月12日

Daybreak Over The Ocean

月曜日。
振替休日。
そして鳥取旅第3日目の最終日。
今朝はゆっくりとした時間を過ごしていましたが、
やっぱり目覚めは早い目。
それでも海辺の集落は独特の土地の雰囲気がある。
そんなこんなでゆっくりと過ごした朝でしたが、
朝昼兼用というノリで先ずはすぐ近くにある海辺のカフェへ・・・・・・。
そう、鳥取と言えば知事の「鳥取にはスタバはないけど、日本一のスナバがある」な発言です。
と、まあ今ではその“スタバ”も出来たみたいですけど、
鳥取ならではの「すなば珈琲 気高町游漁センター店」へ5人で行ってきました。
建物の外見と内装のギャップに驚く点が魅力ですね。
そして、店によってメニューが違うのもまた魅力。
すなば珈琲の後は岩牡蠣で有名なスポットへ行って楽しむ。
デカイ!
そしてこれまたたまらん旨さでした。
その後は県の東側にある岩美町の浦富海岸島めぐり遊覧船で楽しむ。
SO−16も専用のサングラスをかけてゴキゲンだったのだが・・・・・・。
まあチョット眠かったみたいです(苦笑)
チョット波が高くて船がよく揺れていたけど
それでも楽しめた。
鳥取といえば砂丘のような砂浜が連想されるけど、
ココはリアス式海岸なので岩場です。
国の名勝なんです。
そうですねぇ。
宮城県の松島に似ている点から「山陰の松島」なんて呼ばれているらしいけど
個人的には福井県の蘇洞門を思い出しました。
そんな鳥取旅もいよいよ終盤。
鳥取市内の某所でTA−1&めぐみん夫妻とはお別れ。
Dai56一家は折角なのでクルマで通り抜ける程度に
市役所、県庁、駅前を通り抜け、
ガス給油の後はいよいよ帰路へ・・・・・・。
序盤の鳥取道で上り坂独特の妙な交通集中による渋滞がありましたが、
その後は渋滞らしい渋滞もなく、
いい感じに京都は久御山まで戻ってきましたが、
軽くラーメンでも食べて帰ろうと言うことで
インター近くの“横綱”に立ち寄ってから無事帰還。

今回、本当にめっちゃ濃厚な旅でした。
鳥取はバイク乗り的には結構行ってますが、
思えば何年ぶりだったのだろうか?
今回の3日間の旅の走行距離は約800km。
バイク乗り的には大した距離ではないが、
改めて鳥取県が東西に長い事を実感した気がする。
今回の旅でも県内を西へ東へと走り抜けていました。
何よりSO−16にとっても色々な体験が出来たはず。
そしてTA−1&めぐみん夫妻に凄くお世話になりました。
ホンマおおきに!
posted by Dai56 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: