2015年01月15日

Corner Pocket

ココ最近、通勤時の電車の中や休日の買い物等でクルマで移動中の時、
聴く機会が増えたのがJAZZやFUSIONと呼ばれる音楽。
特に、今の時代から約半世紀以上前のモダン・ジャズが多い。
まあその時代のオリジナル・アルバムのCDがリマスターされて、
期間限定ではあるが名盤と呼ばれているものが税抜1,000円で手に入るしね。
その殆どは、トリオ、カルテット、クインテットと言ったコンボものなんだが、
本日はビッグバンドです。
JAZZのビッグバンドで有名なバンドで先ず最初に出てくるのは、
やっぱりグレン・ミラー率いるグレン・ミラー・オーケストラなんだろなぁ。
彼は第二次大戦中に亡き人となりました。
で、もう一つのビッグネームと言えば、
グレン・ミラーと同世代のバンドリーダーであるカウント・ベイシーです。
彼の楽曲も結構アチコチで使われていますねぇ?
例えばTV番組の“すべらない話”とか・・・・・・。
カウント・ベイシーは1984年の4月に癌により79歳で生涯を終えますが、
作品は21世紀になった今も生き続けていますね。
本日のタイトルはそんな彼の1950年代、
“ニュー・ベイシー”と呼ばれた頃の代表作の中の1曲。
posted by Dai56 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック