2015年01月17日

SALT PEANUTS

20年前の早朝の記憶は未だに消えません。
それまで関西圏では起こりにくいとされていた災害。
あの衝撃度は未だに消えない。
恐らく神戸周辺のアチコチで様々なイベントをやっているはず。
で、京都と奈良と大阪の境に住む当時のDai56はというと・・・・・・。
当時は学生でしたねぇ。
いつも起きる時間より少しだけ早い目でした。
結構揺れたので今でも覚えています。
あれから20年。
その20年の間に新潟や東北で大きな地震がありました。

そんな土曜日の午前中。
弟宅のリビングのドアノブが壊れたので、
部品交換する大工役(?)として“黄色いコ”で出動。
築年数がかなり経っている家なので、
所々、今普及している部品が使えないんだが、
何とかなるファジーさも「良さの部分」ですね。
午後からは“黒いAtrayくん”が車検を終えたので受領しに行く。
そんな土曜日の夜に、
ウィスキー片手に聴くJAZZはTHE QUINTETという名義でリリースされた作品の2曲目に収録されているもの。
チャーリー・パーカー(as)、ディジー・ガレスビー(tp)、パド・パウエル(p)、
チャールズ・ミンガス(b)、マックス・ローチ(ds)の編成です。
posted by Dai56 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする